アクセスカウンタ

<<  2012年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
121025専門情報リテラシー
要約   今週は電子化の進度について話した。まず、雑誌の危機(シリアルズ・クライシス)、つまり、価格の高騰による雑誌購入費の大幅な増加と購入タイトル数の減少という危機的な状況は日本だけに限らず全世界的に共通する問題だということが分かった。また、学術雑誌高騰の要因はいくつがある。論文の増大に歯止めがかからないという状況に陥っている。こうした研究成果の爆発的増加が雑誌の価格高騰の第一の要因と考えられます。 それで、商業出版社による雑誌市場の独占や寡占的な価格政策もまた,雑誌の値上がりを進行さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 18:09
ブログの記事=5[下書き]
@ 中国の巨大なプロジェクト――西部大開発の見込み 第1版 2012. 10.21 1810110012 程子迪 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/21 16:27
ブログの記事=4[ラインアップ]
本人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 15:00
ブログの記事=2[文献リストの作成]
間満博編. 中国辺境の地域産業発展戦略 西部大開発と寧夏回族自治区. 東京,新評論, 2009, 360p. 金艶.寧夏打造黄河金岸.西部大開発.2010年第8期(総第116期).p.92-93 (2010) 副島隆彦. 中国は世界恐慌を乗り越える. 東京,ビジネス社, 2012/1/6, 251p. &#24352;&#38055;. 西部は中国を“高くなる”. 中国西部. 第3期, p.12-12 (2010) 西川潤, 潘季, 蔡艶芝編.中国の西部開発と持続可能な発展: 開発と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 12:35
121018専門情報リテラシー
要約:今週は体調不良のため、休んでしまった。「講義録5」を見たら、レポートの「要約と評論」と「下書き」の欠陥について話したそうだ。「文献の要約」と「論評」は一対一にして、文献の数と論評の数は一致することは大事だ。また、レポートの下書きは、「タイトル」「目次」「はじめに」「本文」「結論」「文献」のように小見出しをつけてブログに記述する人が少なさそうだので、気をつける。あと、点検表はみんな全員がやることだ。自分の分もちゃんとつける必要がある。レポートを書くために、資料と文献は大事だ。資料と文献... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/20 12:20
ブログの記事=3[担当文献の要約と論評]
【中国辺境の地域産業発展戦略 西部大開発と寧夏回族自治区】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/15 20:47
ブログの記事=1[担当文献調査]
間満博編. 中国辺境の地域産業発展戦略 西部大開発と寧夏回族自治区. 東京,新評論, 2009, 360p. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/13 14:58
121011専門情報リテラシー
要約:今週の講義は主にレポートの作成について話した。まず、レポートを書くとき、「論評」を書かなければならない。「論評」と「感想」を間違う場が多い。「論評」というのは論理、哲学、思想を書くことだ、とても客観的なものだ。一方、「感想」とは感情、情念に照して自分の考えを書く、ちょっと主観的なことだ。また、レポートを書くとき、まず、ルーブで取り組むテーマを決める。そして文献担当を決めて、自分のブログで文献を正しく表記する。他のメンバーの調べた文献も合わせて文献リストを作る。それから、担当文献の要約... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/13 14:46
他己紹介(intooinさん)
私が紹介する人はintooinさんです。彼女は韓国から来た留学生です。プサンで生まれました。去年明治大学に入って日本へ来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 14:41
グループ分担文献リスト
決めたテーマ:中国西部開発はどこに向かうのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 13:34
121004専門情報リテラシー
要約:  今週講義の内容は主にレポートの書き方について話した。まず、レポートの仕組みは「タイトル」「目次」「はじめに」「本文」「結論」「文献」全部で6部分だ。それぞれの部分は自分の役割があり、不可欠である。従来のレポートの書き方はもちろん頭から、つまり「タイトル」→「目次」…のような順番だが、先生が教えてくれたコツは下から書くことだ。つまり、「文献」から「結論」…という最後は「タイトル」を書くことだ。これはレポートとして自分の主張をロジック的に論証できるに役を立つ。レポートが一般の文... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/06 11:59
『社長の条件』1、2、3
要約: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/01 17:10

<<  2012年10月のブログ記事  >> 

トップへ

シーピュのブログ 2012年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる