シーピュのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログの記事=5[下書き]

<<   作成日時 : 2012/10/21 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

@
中国の巨大なプロジェクト――西部大開発の見込み
第1版 2012. 10.21
1810110012
程子迪

A目次

中国辺境の地域産業発展戦略 西部大開発と寧夏回族自治区
寧夏打造黄河金岸
中国は世界恐慌を乗り越える
西部は中国を“高くなる”
中国の西部開発と持続可能な発展: 開発と環境保全の両立をめざして
アジ研トピックリポート
成長が加速し始める中国の西部地域 ―「西部大開発」戦略の実態と展望― 最終更新
西部のグリーン生態バリアの強化に、500億元投入
中国西部開発の定義
多国企業の中国西部への進出

Bはじめに

中国の西部大開発は中国人にとって疎くない言葉だ。しかし、世界には米国の西部開発のような大きい影響力がない現象がある。経済高速発展している中国はどうすれば東西格差問題を解決するか、経済発展と共に新しく起きた環境問題をどうやって乗り越えるか。これは人口大国の中国にとっては避けれない問題だ。住民利益の保証、法律の健全、全ての課題は絶え間なく次々と現れてくる。
西部大開発の文献を調査して、このような結論を得た。

C本文

文献1によれば、寧夏は中国中心部の内陸にあり、西部大開発の重要な省(自治区)だ。砂漠に囲まれている寧夏実は、鉱物資源、農畜産物資源に恵まれている。これは西部大開発の焦点とされ、中国内陸の産業開発のモデルとなっている。寧夏の際立った特質である「三線企業」と「砂漠の緑化、貧困克服」の意義は中国内陸ばかりではなく、中国周辺地域にも深遠の影響がある。まず、三線企業の改革。1960年代から推進された「三線建設」は中国内陸の各地に興味深い産業基地を形成した。これらの三線企業は近年に近代化を進め、新たな時代に向う。しかも、外資企業と協力し、世界レベルの企業に変身する。また、鉱物資源が豊富な寧夏は砂漠と貧困問題を乗り越え、「観光と食」産業化の新たな展開を始まる。これから、寧夏の発展のポイントは「外資政策」「産学連携」と「地域マーケティング」この三つだ。自然環境、農業工業発展にもかかわらず、文化や新興産業などソフト産業にの投入も見くびれないことだ。しかし、現在の発展状況に見れば、今後、人民生活水準の高めることや人材育成など教育問題の解決も寧夏、および辺境地域にとって、大きな課題となる。これに対して、私は砂漠に囲まれている寧夏は今まで長い時間を経って沢山の努力をかかって、西部大開発の一つの大きい地域として発展している。環境を無視して、ひたすら経済発展を追い求める時代を過ごして、これから、環境や新興産業の発展こそ注目するべきだ。寧夏を例にとして、地域のデメリットを回避、改正して、メリットを利用、発展するのは中国内陸地域だけではなくて、中国周辺地域にもいいモデルとなる。しかし、辺境地域の発展に伴って、経済や新た環境問題を再び戻す、格差問題もこれから西部大開発の中で避けられない課題だと考える。
文献2によれば、2010年7月6日午前、402キロメートルの黄河寧夏の標準化の堤防は竣工して、508キロメートルの黄河金岸浜河大道は全線開通します。この大きい工事の建設、寧夏回族自治区を黄の10の市県に沿って続けて一体で、黄河全線を構成して堤防の工事を基礎の距離にする最も長くて、等級の最高な浜河道路、全国を創造して史の上“寧夏のモデル”を建設することに用心します。政策は発展がスピードを推進する。現在、“黄河金の岸”の両側の50メートル〜100メートルの幅の内で、すでに造林の63万ムー、その中の恵農新栽紅柳林の10万ムー、賀蘭新はホソバのグミの林の8000ムーを転倒して、湖の湿原の保護を完成してと100万ムー建設して、鳥の巣の20数万個を建てます。“黄金の金岸”の生態の建設計画は400億元を投資して、すでに130数億元を完成しました。緑化の建設する絶え間ない強化を通じて(通って)、去年寧夏は黄河に砂の4000万トンに負けることを減らして、二酸化炭素が143万トン排出することを減らして、二酸化硫黄が7.8万トン排出することを減らして、酸素の113万トンを釈放して、ほこりの490万トンを吸収します。自治区林業局の局長の王徳林の紹介は言います。今のところ、“黄河金の岸”はすでに寧夏地方を受ける資本になって、技術、人材、産業シフトの重要な地区、寧夏の対外開放になって、企業を誘致し資金を導入する戦略のプラットフォーム。これに対して、私は “黄河金の岸”というのは、508キロメートルの黄河金岸浜河大道の両側の50メートル〜100メートルの幅の内で、すでに63万ムーの造林することだ。黄河堤防のために、2010年7月6日に竣工した。これは寧夏環境や生態建設の成果として、経済発展と共に巨大な進歩だ。もともと環境は劣悪な寧夏は、砂漠化と要害物質の排出に対しての重視度の高さは誰の目にも明らかだ。経済、人材、教育にもかかわらず、環境と生態の発展も建設の一段落として注目されていると考える。
文献3によれば、内モンゴルの「首都」呼和浩特の中心部には今も次々と大型高層ビル(40階ぐらい)の建設が進んでいる。北京、上海の住宅バブルが破裂してもこの建設ラッシュは止まらないだろう。何故なら、何があろうと中国の内陸部の「西部大開発」は続いてゆくからだ。内モンゴル自治区全体は、人口2400万人(2006年統計)で、土地は非常に広大である。呼和浩特は北京から600キロ真西にある。行ってみたら思ったより気候は温暖で、9月の末で日中の気温が22〜23度で非常に快適だった。10月の半ばくらいからどんどん寒くなるという。バオトウからさらに南に150キロ行くとオルドスという町がある。ここが非常に発展していた。おそらく、今の中国で最も激しい経済発展をしている都市のひとつがこのオルドスだ。四川省の重慶、成都と並ぶ。30階建て程の高層建築物がおそらく数百棟ではすまない、数千棟が今も建設中だ。特にこの三年で一気に建ち始めている。内モンゴルのレアアース生産基地。バオトウから北に向かって200キロに白雲鉱区という名で地図帳にも載っている砂漠の町がある。ここには中国有数のレアアース(希土類)の巨大な生産地がある。レアアースはハイテク通信機械の部品の素材として不可欠な鉱物資源で近年、注目されている。甘粛省から青海省の間に東西に続いているキレンセン山脈には酒泉という町がある。敦煌から400キロ東側に戻ったところだ。ここが中国のロケット打ち上げ基地のひとつである。この酒泉で2011年9月27日にも打ち上げが行われた。天宮1号という無人ロケットが打ち上げられた。中国宇宙ロケット開発が、米とロシアを急速に追い上げている。世界各地で進む砂漠化を中国は解消できるか?オルドスの乾燥した一帯の緑地化を中国政府が行っている。植えられて5年くらい経つ杉の木の苗木が多かった。10年前はポプラの木を植えていたようだ。ポプラの木は成長が早いし、乾燥した土や砂漠に強いのだけれども、大きくなった後が見苦しい木だ。建築用材木にも適さない。だから、今の杉の木が植林の中心であることが分かった。たぶん、20年後、30年後には大きな杉林が中国全土にできあがっているだろう。小まめに手入れして水もやらなければならない。それだけの水を確保できるかが今後の課題となる。これに対して、もともと人口が少ない地域で開発するのは生活問題、インフラ問題、環境問題が出てくると思う。確かに2012年3月時中国の温家宝総理は第11期全国人民代表大会で西部大開発の最優先課題として、住民の生活保障・改善を挙げた。
   青蔵鉄道だけではなく、外国企業の西部地区への投資を奨励するため、各種優遇政策を実施し、税制面での優遇措置としては当初3年間、企業所得税率を15%に削減し、さらに輸出企業には税率を10%とする。ここを見ると中国政府は西部開発に諦めない投資する決心がわかる。私は、西部大開発の目的は豊かな社会の実現ではなく、貧困からの脱却にすぎないだとという意見もある。私は環境問題と貧困問題はいつも西部を巡って大きな問題だ。砂漠に囲まれている地域は経済発展の同時に環境にも重視しなければならない。また、住民の生活保障や教育と政治の権利の守ることも課題になっている。経済はいくら速く発展しても、もともと住民の生活レベルと生活環境の保障を忘れないべきだ。また、自然資源も同じ、沢山の鉱物資源を持っている西部地域は発展の同時に、次の世代の利益も考えて、「可持続発展」の道で歩を進めると考える。
文献4によれば、2009年、鋭くて長い音的な金融危機が全世界を巻き込みました。同時に、関係する中国は出して全世界の金融危機を救う討論が国外のメディアの関心の焦点になりました。2009年ちょうど中国の西部大開発10周年の時に、中国西部較立ち後れた地区の開発が世界経済の蘇りを動かすについて、中国は“今回の金融危機の機会を捉えて、中国のサービスのため解職されたウォール街の人材を採用するべきだ”に応じて、中西部と農村などの立ち後れた地区に対する集中する投資、今後中国と世界の経済回復を動かします。中国の経済の“東は高く西は低い”の現象は明らかで、そのため西部立ち後れた地区の開発の余地に対してわりに多いです。今回の全世界の経済危機で中国中西部と東北地区と渤海湾の一帯に新しい経済センターになるように促す可能性があります。現在、中国東部沿海地区の経済成長率はすでに10%ぐらいまで下がっても、中西部地区は依然として14%を上回ります。東部沿海地区の労働密集型の産業シフトが中西部に着くことに従って、そのため形成の空間は海外の資本と人力から埋めて、これも全世界の企業に機会を提供しているのです。これに対して、西部の飛躍、中国の飛躍です。これは西部のニュースが外部の関心の原因を受けるのです。例えば、日本の場合は多くの日本人の方は中国の「西部大開発」のすごさを知らない。あまりにも報道されていないからだ。私は感じて、まず紹介好中央政府の西部大開発の戦略を要して、出す各措置、そして外国人の理解の程度によって、(米国との西部開発のようです)を対比して、解読する必要ではないかと思います。中国は巨大な内陸部(西部)への開発と発展で生き延びて行くでしょう。それが人類の次の「ユーラシア大陸の時代」だと考えるという意見もある。私は中国の経済“東は高く西は低い”という現象は今でもそうだ。しかし、経済が先進の東部地域と比べると、まだ発展しているの西部地域のほうは経済成長率が高いし、発展の空間も広い。米国の西部発展より、確かに中国の西部大開発の認知度は高くないが、長い時間をかけて、巨大なプロジェクトは中国国内だけでははく、外部の理解も必要だ。これなら、中国だけではなく、全世界にもチャンスを与えることだと考える。
文献5によれば、第10次5ヵ年計画(実施時期01〜05年)では,「西部大開発を推進し,中部地域の発展を加速し,東部の発展水準を高めること」が定められ,従来の東部優先発展という政策が大きく修正された。「西部大開発」戦略が国家プロジェクトとしてさらに重視され,「西気東輸」(西部の天然ガスを東部へパイプラインで結ぶ),「西電東送」(西部の豊富な水資源・石炭資源を用いて発電し,東部へ送電する),「南水北調」(長江から水不足に悩む北部に水を供給する),「青蔵鉄道」(青海省−チベット間の高原鉄道建設)などの交通インフラ,エネルギーインフラの整備などを中心に大型事業が実施された。今後の西部大開発の展望し持続可能な発展する。(1) 重点地域開発と成長拠点の育成。(2) 外資と東部資金導入の促進。(3) 交通ネットワークと内外交流の強化。(4) 環境保護と持続可能な発展の追求。(5) 基本公共サービスの均等化。東部沿岸地域の急速な発展から取り残されつつある西部地域の環境である。人口の流出、貧困などで環境劣化の続く内陸部で持続可能な発展が可能か、その手段は何か。生態環境の建設、教育の重視、環境再生などの新たな動きを分析し、日本の海外環境協力にとって可能な方向についても説明した。人口の流出、貧困などで環境劣化の続く中国内陸部で持続可能な発展が可能か、その手段は何か。生態環境の建設、教育の重視、環境再生などの新たな動きを分析し、日本の海外環境協力にとって可能な方向についてもこの本も説明した。これに対して、私は中国人なので、小学生から、西部開発についてよく勉強しました。この計画は中国に対してとても大切だ。いろいろな措置は、西部全体の大開発をけん引し、地域のバランスの取れた全国的発展を促すのに大きな意義を持っている。でも、開発しながらいろいろな環境問題が出した。現在、中国の持続可能発展の実現に向けた新たな成長の注目点となりつつあるという意見もある。私は西部大開発というのは経済的の発展だけではなく、ほかの貧困問題の解決、環境の改善、人材の教育など、いろいろな方面から展開しているのだ。中国の格差問題はすごく大変であり、地域の間のバランスをどうやって平均するのは目の前に大きな課題だ。経済的な発展は今成果を見えるの同時に、環境問題の注目度は高めていると考える。
文献6によれば、地域経済の調和ある成長、地域格差の縮小、民族団結の強化を促進し、辺境の安全と 社会の安定を守るため、中国共産党の中央指導部は20世紀から21世紀への変わり目 に、西部大開発戦略を本格的に始動した。80年代に入ってから,改革・開放政策のもとで,東部沿海地域の経済発展を最優先にしながらも,対中西部投資が行われていた。中央財政の対西部の支出は近年増大している。中国政府が内陸部の西部開発を加速する。国家発展改革委員会はこのほど2010年に鉄道、道路、空港など23プロジェクトに着手することを明らかにした。投資総額は6822億元(約8兆8000億円)。沿岸部に比べて経済発展が遅れた西部に集中投資し、中国経済の高度成長を維持する狙いだ。西部地区の産業構造は鉱業、素材産業、重工業、軍事産業が主要産業。貿易能力、資本集積能力が欠如軽工業、消費財産業、貿易が中心産業。産業構造転換能力が高い。所有形態は1.国有企業・重工業、軍事産業が主導、地域経済への波及・拡散効果が乏しい。2.私営企業は規模が小さい。たとえば、青海省西寧市にて第3回中国西部有色金属鉱. 業開発国際フォーラムが開催された。「 西部有. 色金属鉱業開発国際フォーラム」は中国政府. が東部と中西部の経済格差を 無くすために、. 大々的に中西部の経済振興を進めている。今後10年は中国全体の小康社会建設でカギとなる時期で、党も国民も 中国全体の発展のためには西部の安定は欠かせないという“大局から考えなければ ならない”ことを上げた。これに対して、西部大開発の国家政策の恩恵を受けて着々と経済発展を推進している 地域もある。中国西部地区国土開発研修コース. 中国では20年来の改革・開放政策と沿岸部の急速 な経済発展が進む一方で、内陸の西部地区では地域経済の発展が大きく立ち遅れ、でも、いま西部の経済がだんだん良くなっている。中国の経済に対して重要な部分だ。中国の経済発展および国際影響力の増大につれて,過去十数年間に,中国の西部は高度成長しているという意見もある。私は西部大開発の成果がどんどん大きくなっている、内陸の西部地域の発展は中国内部だけではなく、周辺国家にもすごく影響力を持っている。農業、工業の発展は国家内部需要に沢山の機会を与えて、ほかの国にもチャンスを与える。これなら、中国の国際影響力は経済発展と共に高成長していると考える。
文献7によれば、中国は,政府の地域開発計画における地域区分は,沿海と内陸の2区分のほかに,東部,中部,西部という3区分が用いられることが多い。西部地域は(12省区市):内モンゴル自治区,重慶市,四川省,貴州省,雲南省,広西チワン族自治区,チベット自治区,陝西省,甘粛省,青海省,寧夏回族自治区,新疆ウィグル自治区。通達では「西部大開発」の重点政策として,@インフラ建設の加速,A生態環境保護の強化,B農業基盤の強化,C産業構造の調整,D特色ある観光業の発展,E科学技術・教育・文化・衛生事業の発展の6点が挙げられている。西部の経済発展の下支え役となっている。国家発展和改革委員会によると,00年から09年までの10年間にわたり,中国政府は2.2兆元(約28.6兆円)を西部に投資した。これにより,02年から08年までの期間において,西部の実質GDP成長率は全体平均を上回っている。上回っている要因として,@格差の是正やインフラ整備を目的に地域開発が本格化したこと,A東部における生産コストの上昇で内陸部への生産シフトが進んだこと,B過熱した東部への投資の抑制政策の影響,C東部では投資水準が一定レベルに達したため新規投資機会が少ないこと,D最近の景気対策が西部で重点的に実施されていること,などが指摘できる。このように,「西部大開発」は,これまでのところは,地域間の格差の縮小にはあまり貢献していないが,中国の経済成長が従来の東高西低型から西高東低型に転じており,今後は地域間の格差が縮小に向かう可能性が出てきたと言える。これに対して、:「西部大開発」では、中国経済の成長としては重要な一環と思います。それに、全国経済にも少なくとも影響がある。中国は、自然環境は大きな条件を与えてして、開発としては有利です。西部への投資環境を改善したら,生態環境の悪化を抑え,全国平均を上回る経済成長のスピードを達成し,地域住民の生活水準を向上させると考えるいう意見もある。私は中国国内の格差は激しい。西部大開発は「西部」だけに関係があるではなく、全中国の各地にも影響を与えている。西部の経済スピードを速くすれば、全国のレベルがアップできる。住民生活水準のバランスも調整しやすいし、収入も平均しやすい。格差問題の解決は人口問題、環境問題、教育問題、貧困問題など、沢山の問題を解決も基礎だと考える。
文献8によれば、1990年、中国共産党中央、国務院は21世紀に向けて中国の現在建設をさらに加速するための一大戦略として、西部大開発の実施した。西部大開発は、総合的な社会開発であり、長期的な努力を必要とする。資金的優遇措置を望むだけの一時的なブームや無秩序な各種プロジェクトの乱立は健全な発展にとって弊害ですらあり、よく考慮された持続的計画が必要となる。根本が環境保護と生態保全であり、基本がインフラ整備である。鍵を握るのが産業構造の調整であり、研究と教育の振興が条件となり、改革開放が推進力となる。そして、その成功を保証するのが法制の整備であり、その意味で環境法の西部大開発に果たす役割は重要である。@ 中国の環境法。中国は2002年までに、環境汚染防止を柱とする9つの環境保護法、自然資源の適正利用と管理を柱とする11の法律、自然保護、生態破壊防止およびっ自然災害防止を柱とする10つの法律、30あまりの環境法関連の法律のほか、環境資源に関する行政法規、地方法規、行政規程、地方行政規程、環境基準を制定した。A 中国西部大開発における環境法制の整備。経済、社会と環境の調和型発展の原則。環境資源の開発の原則、利用、保護、改善を組み合わせる原則。B 西部大開発における環境政策。過去数年の実践を通じて、中国は西部大開発を指導し、規範化する枠組みを構築した。(1)西部大開発における環境政策の目標(2)西部大開発における環境政策の原則(3)西部大開発に関する国の環境政策上の措置。C 西部大開発に係わる重点環境政策。さまざまな環境問題を抱え、深刻な生態環境状況に直面にしている西部地区が、上述べした環境保護と生態保全の目標を達成するには、大きな困難が予想された。このため、刻は西部大開発実施初期に、的を絞った環境資源政策を重点的に実施した。これに対して、西部大開発重要なのは上が書いている通り、環境の政策の保護である。生態環境を重点的に実施した。森林、草原の保全と修復する。環境汚染と森林、草原破壊を根本から防止するため、エネルギー構造の調整、燃料供給の改善、資源の総合利用、低公害生産の振興などの政策を実施することが大事である。西部大開発したら、経済的に繁栄するし、安心して暮らせるし、経済、社会と環境を調和的、持続的にも発展させることになるだろうという意見もある。私は経済発展の同時に、法律の整備は欠けないことだ。中国の環境法の制定は環境政策の実施に有利な保障である。やはり環境問題と生態問題は経済の発展の途中に避けれない問題だ。法律がきちんとあるこそ、順調な発展が進めると考える。
文献9によれば、中国は 2000年 1兆1206億ウィアンが入って行く西部大概発計画を発表, 世界の関心を集めた。西部開発は中西部の豊かな天然資源と東部沿岸の資本を連携して大陸の均衡発展をはかるためのことで, 中国の 21世紀主要国家戦略事業だ。12開城・市(省・市)で成り立った西部地域は人口が全体の 22.3%に過ぎないが面積は 57%を占める. 石油埋蔵量は中国全体の 41%に達して天然ガス埋蔵量も限りない天然資源の報告でもある.。しかし 1人当り GDPは全国平均の 66.3%, 全体対外貿易の 3%に過ぎない位に経済が劣っている。いわゆる“星火計画”と呼ばれる西部大概発は元々小平が去る 80年代の初め提唱した先夫では(先富論・可能性ある地域が先に富裕にならなければならないという論理)を具体化したことである。すなわち上海(上海)位東部沿岸と広東(広東)省等南部地方はその間の改革・開放政策で充分に富裕になった位もう疏外された西部内陸地方が本格的に開発されなければならないという論理を根拠にしている.2001年始まった第10次 5ヶ年計画の重点事業に確定された西部開発事業は西部内陸連結鉄道敷設, 石油化学団地造成, ファングホ(黄河) 大水路建設などの大規模プロジェクトを含んでいる.西部地域の天然ガスを上海(上海)まで連結する '西紀同数(西気東輸)', 水力発電所を建設, 全力を東部沿岸地域に行かせる '西電東送(西電東送)', 揚子江水路を黄河で連結する '南水北調(南水北調)', 青海省とチベットを引き継ぐ 1118km 高原鉄道チングチァングチォルも(青蔵鉄道), 環境保護のために農地に木を植える“退耕還林”等々がある。これに対して、中国が西部地域を開発するようになった目的に対しては多くの説明がある. まず地域の間格差を減らすというのだ. 2000年西部と東部地域のおこったという国内総生産(GDP) 格差が 1,000ドル以上に達した. 次は西部地域の豊かな資源を活用して東部沿海地域の発展を長続くという構想だ. 西部地域に売場された天然ガスと石炭はそれぞれ中国全体の 83%, 51%を占める. 西部大概発大型プロジェクトたちが主に西部資源を東部地域に移転するのに焦点を置いた点がこれを傍証する. 三番目目的は西部地域を開発して近隣諸国で進出するというのだ. 2008年 2月に公表された 'グァンシブックブマンギョングゼグバルゾンギュフェック'と最近論議中の身の丈(新疆)と署長(西蔵) 地域の発展計画も西部変更地域を大大的に開発して東南アジア, 中央アジア及び西南亜で進出しようとする意図だ。西部大概発を推進する一番根本的な目的はこの地域の生態環境を根本的に改善するのにある. 西部地域は中国全体国土面積の 56%を占めるが居住人口は 24%に過ぎない. 大部分が砂漠・高原などで人間が経済活動をしにくい地域だからだ.。一人当り耕作地面積がめっきり減っている状況で西部地域の大部分を人間が住むこと可能な環境に変えることは国家の未来と直結される。 しかし生態環境改善は短期間では大きい效果を得にくいから 50年という長期プロジェクトで進行するという意見もある。私はもちろん西部大開発は巨大なプロジェクトであり、短期間の効果を取るのはありえないことだ。この長い過程は沢山の人力と資金がかかって、沢山の力が必要だ。同時に、新たな問題が生じるかもしれないし、改善とやり直すことは珍しくない。世界の関心を集めたこの計画はこれからどうのような成果を得るか、世界中に期待されていると考える。
文献10によれば、多国籍企業が中国の中西部に次々と進出している。多くの多国籍企業は「西部大開発」と「新興産業」に目を向け、中国中西部の戦略的新興産業の発展に参画しようとしている。中国の関係部門・委員会によると、シーメンス、富士フイルム、トヨタ自動車、モトローラ、フォード、日立、ソニー、キャノン、三菱商事、エプソン、日本エマソンなど100社あまりの多国籍企業の責任者はここ3カ月で重慶市、四川省、雲南省、陝西省、新疆ウイグル自治区、海南省などの西部地域を複数回にわたって訪れ、新興産業の投資状況を調査したことがわかった。また権威筋によると、国家発展改革委員会など多くの部・委員会は、中国の戦略的新興産業の発展に寄与する多国籍企業に完備された制度的枠組みを提供するため、産業指針、技術と知的財産権の協力などに関する規則を制定している。これに対して、その間、企業は対中国投資で同敷衍して地域にだけ通り過ぎるように殺到しているという指摘を受けた。西部地域に対する投資は金額面で中国投資全体の 1.3%に過ぎないという。 西部地域に対する無知と投資リスクに対する漠然たる恐ろしいことで進出を延ばしたという解釈がある.。しかしこの地域はもう中国市場で新しい機会の地で浮び上がっている。 機会はよく活用すれば大きな利益になるが逃せば競争で脱落するという災いもなると思う。 多国企業ももう中国の西部大概発をただ被害だけ行くことができなくなったという意見もある。私は外資企業の投資は西部地域に対して資金の増加と人材の育成にとても役をたる。機会を得る同時に、競争も生じる。多国企業は中国西部に投資するというのも自分の利益を重視することである。中国はどうやってこのバランスを調整するか、自国企業と外資企業両方の役割をちゃんと発揮させるのは問題だと考える。

D結論

中国の西部地域は昔地理環境と経済発展の不足という現実があって、なかなか東南地域のような高速発展できない。西部大開発は中国西部の内陸地域に対して、東西格差問題を解決するための政策である。経済発展にの投入だけではなく、人口問題、環境問題、教育問題、貧困問題など沢山の課題にも解決しなければならない。特に、元々厳しい問題になっている環境と生態問題は経済発展の同時にさらに悪化している現象もある。だから、この古い問題はまだ解決していないが新しい問題が増えた現状はすごく厳しくて、大きな課題である。また、西部大開発は中国国内だけの問題ではなく、周辺国家及び中国とずっと経済と文化交流の国々にとっても影響がある。この大開発で、沢山の機会が生まれたが、競争も存在する。どうやってこの自国内部のバランスと国際的の利益のバランスを平均するのはもう一つの課題だ。長い時間をかけるこの西部大開発、いままで多くな成果が得たが、これから先の道こそ大事だ。これは短時間内効果が得るプロジェクトではなく、沢山の資金と人力をかけてとても工夫が必要な計画だ。

E文献

1、間満博編. 中国辺境の地域産業発展戦略 西部大開発と寧夏回族自治区. 東京,新評論, 2009, 360p.
2、金艶.寧夏打造黄河金岸.西部大開発.2010年第8期(総第116期).p.92-93 (2010)
3、副島隆彦. 中国は世界恐慌を乗り越える. 東京,ビジネス社, 2012/1/6, 251p.
4、张钧. 西部は中国を“高くなる”. 中国西部. 第3期, p.12-12 (2010)
5、西川潤, 潘季, 蔡艶芝編.中国の西部開発と持続可能な発展: 開発と環境保全の両立をめざして.東京,同友館,2006,249 p.
6、アジ研トピックリポート(42) .世紀の中国経済と西部大開発.最終更新、2001, 1-22.
http://d-arch.ide.go.jp/idedp/TPC/TPC004200_003.pdf#search='21%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%A8%E8%A5%BF%E9%83%A8%E5%A4%A7%E9%96%8B%E7%99%BA'.
7、成長が加速し始める中国の西部地域 ―「西部大開発」戦略の実態と展望― 最終更新2010.8
www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1008ab2.pdf
8、黄勇、宗建樹「西部のグリーン生態バリアの強化に、500億元投入」(『中国環境報』2003年3月11日、所収)
9、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120815-00000027-scn-cn
10、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E5%A4%A7%E9%96%8B%E7%99%BA

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログの記事=5[下書き] シーピュのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる